壊れたPCのデータ確保|データが消えた!そんな時は外付けハードディスクの復旧業者へ

データが消えた!そんな時は外付けハードディスクの復旧業者へ

メンズ

壊れたPCのデータ確保

男の人

自分でやれる範囲

PCを仕事で使っていて起動しない、起動してもフリーズが頻発、でも貴重なデータがPCには残っている、どうすればと言う事は結構あります。バックアップを頻繁に他のメディアに保存しておけば良いのですが、保存してから少し経過している場合など、その間のデータが取り出せないケースもあるでしょう。最近は大事なPCのHDD(ハードディスクドライブ)はRAIDになっている事が多いですが、それでもトラブルは起きます。こうした場合、データ復旧が緊急の問題になります。これについては、症状により対処法が異なります。PCは起動するがフリーズが多い場合、OSのシステム関連ファイルなどが破損している、ファイルシステムの一部が壊れている、ブルースクリーンにメモリーエラーが出る時はメモリーの一部が壊れている事で起こる場合があります。こうしたケースで早くデータ復旧させたい場合は、HDDを外して変換ケーブルに繋ぎ、別のPCにUSB接続し、データが入っているフォルダーを別のPCにすべて保存します(PCが起動しない場合も可)。その後、HDDのエラーチェックなどを行い修復します。直ったらHDDを元に戻してデータの確認を行います。

自分では出来ないケース

しかし、これでデータを確保できるケースはあまりないでしょう。最も多いのがHDD自体の破損です。HDD内部には金属円盤が何枚か入っていますが、データを読み書きするヘッドが壊れているケースが非常に多いです。おかしいと思ったらそのPCをできる限り使わないようにして、修理業者に依頼します。壊れたPCを使っていると、ヘッドが内部の円盤を傷つけてしまい、データ復旧が困難になる、あるいは不可能になってしまいます。貴重なデータであればあるほど、慎重に対処しなければなりません。信頼のある修理業者では、防塵服を着てクリーンルームでHDD分解を行い、円盤表面に磁化記録されたデータを取り出して、完全なデータ復旧を行います。費用は10〜100万円以上も掛かります。日頃から貴重なデータは、別のメディアに複数保存するようにしておけば安心です。