データが消えた!そんな時は外付けハードディスクの復旧業者へ

レディー

進化した電子メール

Eメール

ウェブメールは、一般の電子メールと異なりウェブブラウザ上でメールの送受信や閲覧ができるサービスです。インターネットに接続できる環境があれば、場所や使用端末を問わずに操作できるというメリットがあります。

Recommended

データを復活させるために

HDD

便利なデータ保存機器

企業が取り扱うデータなどの情報はあまりにも膨大であるため、内蔵のハードディスクだけでは容量が不足することもあります。そこで便利なのが外付けハードディスクです。外側から接続することによって機器を買い換えずに実質的な容量拡張が行えます。また、外付けハードディスクだけを付け替えすれば、様々なコンピューターでそのデータを使用できます。非常に便利ではありますが、外付けであるが故に落下による破損や水没には注意しておく必要があります。万が一、故障してしまうとデータがダメージを受けたり、データ自体が消えてしまったりします。しかし、すぐに諦める必要はありません。データを復旧出来る可能性があります。データ復旧は基本的に業者が行いますが、それまでの処置も大切です。

直すためのポイント

外付けハードディスクが故障してしまった際にはすぐにコンピューターとの接続を外しましょう。接続をしたままではコンピューターからの電流が流れ続け、さらに故障を悪化させてしまうことがあるからです。コンピューターに悪影響を与えてしまう可能性も否定できません。そこで外付けハードディスクに異常が見られた場合は速やかに取り外し、電源がある場合はオフにしておきます。その後は専門の復旧業者に依頼します。ただ、企業が取り扱う外付けハードディスクには重要性が極めて高い内容が含まれています。そのため、復旧業者は復旧の技術だけでなく、信頼性のあるところを選択する必要があります。故障してから業者を探すと時間がかかるので、会社の中で機器が故障した際にはどこに復旧を依頼するかを決めておくことをオススメします。

壊れたPCのデータ確保

男の人

PCのHDDはいつ壊れるのか分かりません。購入して間もないものでも振動などで壊れることがあります。貴重なデータがPCに入っていてバックアップがないと大変です。自分で復旧できる場合もありますが、多くの場合は、専門の信頼の置ける修理業者に依頼して、完全なデータ復旧を行います。

仕事で大活躍

ファイル

ファイル共有を行うことによって、同じデータファイルを職場の方たちで編集できるようになります。また無料で利用できるサービスもたくさんありますが、利用の際にはバックアップをとり、誤って消してしまわないように気を付けていきましょう。